あの愛ちゃんが不倫したらしい。

最新情報追ってみた
スポンサーリンク

今回の不倫の件で考えた事

あの愛ちゃんが不倫をしたらしい。

このブログに来ている人は内容を知っていると思うので割愛する。

僕個人の感想は、真面目なアスリートの印象が強かった愛ちゃんが不倫したのはショックだった。

それと同時になんだか愛ちゃんが、今までの可愛い路線からHな大人な女性のイメージが付いてしまった。

言うなれば、清純派からグラビア転向した女優を見るような気分だ。

まあーそんな僕個人の感想は置いといて、今回の件で僕が注目したい点は2点だ。

①皆他人の不倫は滅茶苦茶気になる

②そもそも不倫という身内の問題はここまで叩かれるものなのか

この2点だ。

今回のブログではこの2点について考える。

①なぜ不倫はこんなにも人を惹きつけるのか?

不倫報道が出た際にyahooのコメントは1万件を超える賑わいを見せている。

今回のコメントの大部分を占めたのが

お子さんとお母さんが可愛そう

あの泣き虫愛ちゃんが・・・ショック!

こんな感じの意見だった。

普段昼間からニュースを見ている主婦層の一番気になる点は子供問題らしい。

昔から子供関係は炎上しやすい。

・辻希美さんが生後2カ月の子供を遊園地に連れてくと炎上。

・新山さんが子供をスーパーに連れていくと炎上。

などなど、「こんな親を持った子供が可愛そう」こんな感じの経緯で主婦は燃え上がる。

主婦層は普段、周りの人から「母はこうあるべき」というプレッシャーを常に受けている為、そのルールを破る人を許したくないのだろう。

そして、愛ちゃんというキャラクターにも注目だ。

人は愛ちゃんが泣き虫でも頑張る姿に心打たれた人が多いだろう。

オリンピックでメダルを取る姿にも感動した人は多いはずだ。

結婚して母親になった愛ちゃんに、寂しさを感じながら成長した姿を実感した人も多いだろう。

そんな愛ちゃんが性を発散するという不倫をした事実はがっかりした人も多い。

一般市民が他人の事をどうこういう事は正しくはないが、応援していた人が叩かれる姿を見るのは悲しいと思う人も多かったと思う。

こんな事も相まって、普段ニュースを見ている主婦層だけでなく、普通の男性や老人などにも広まった事が今回の注目度の要因だろう。

知名度が高いというのは良い反面、こんな不幸な事にも繋がってしまうみたいだ。

②そもそも身内の問題はここまで叩かれるべきなのか?

不倫のニュースが起こると良くある論争だ。

「そもそも不倫の問題は家庭内の問題だから、他人がどうこう言うのはおかしい。」

「海外は不倫はここまで取り上げられない!」

こんな事を良く言う人が良くいる。

僕個人の考え方とすれば、「他人事だけど言いたくなっちゃうよね」という考え方だ。

確かに不倫は身内の問題だ。僕本人が愛ちゃんと何の関わり合いがないのも事実だ。

でも、他人でも言いたくなっちゃう。これが不倫問題の闇だろう。

上にも書いた通り、僕は愛ちゃんには感動してきた人間だ。

卓球というスポーツを見て夢中で応援した過去もある。

こうした事を繰り返していると、友達よりも崇拝の対象になっていて、好感度が高い人物になっているのだ!

そんな人が不倫をした。ショックという気持ちが大きい。思わず「オイオイ」と言っちゃうような心境になってしまう。

勝手な想像をして、勝手な期待をしたのは僕達一般市民だが、裏切れた気持ちになってしまう。

だからバッシングに繋がってしまうのではないのかな?

それに不倫というのは話題にしやすい。

殺人事件や政治の話を話題にすると、周りからやべぇ奴と思われるが、不倫はクリーンに話す事が出来る。

不倫は他人からすれば軽い話題なのだ。だからこそ人は不倫話が好きなのだろう。

話は変わって「不倫は海外ではここまで取り上げられない」と言っている人に反論したい。

海外には、不倫で大統領を首になりかけた人間がいる。

バカみたな話だが、本当にいるのだ。その名はビル・クリントンだ。

今ではヒラリークリントンが有名だが、このビル・クリントンは相当やらかした。

不倫とは身内の問題と考えがちだが、弾劾裁判まで実施されたのだ。

日本では弾劾裁判は裁判官を裁判する事で有名だが、この制度が使われる事は滅多にない。

アメリカでも同じで弾劾裁判なんて制度的な物で、使われない物だと考えられていた。

しかし、実施された。内容は不倫で。

なぜ弾劾裁判になったかというと、クリントンは不倫をしたにも関わらず、してないと嘘をついた為、偽証罪に問われたのだ。

結果は無罪だった。証拠は揃ってたのに。

流石にアメリカも大統領を不倫でクビにするのは嫌だったみたいだ。

このように不倫は海外でも問題になる。

海外では品性が重要視されているみたいで、それを損なる事は信用をなくす事に繋がるから周囲がバッシングするらしい。

不倫をバッシングするのは日本だけでないみたいだ。

まとめ

こんな感じで不倫は話題になりやすい。人を惹きつける魔の雰囲気を持っているのだ。

でも惹き寄せられるのはバッシングだけではないみたいだ。

中国の愛ちゃんファンは、バッシングをしている日本のマスコミを叩いているらしい。

こんな風に不倫をしても応援し続ける人はいるみたいだ。

僕個人としても、愛ちゃんの今後の活動もあると思うのでイメージ回復をして、セカンドキャリアを頑張ってほしい。