ヴァロラントが流行っているのはプロの頑張りがあるからこそ

最新情報追ってみた
スポンサーリンク

あのヴァロラントが流行ってる!?

最近僕はヴァロラントをやってはいないのだが、このような声が多くなっている。

「ヴァロラントが最近はやっているらしい」

この真偽を確かめるためにグーグルトレンドを調べることにした。

以上がその結果だ。

ヴァロラントのリリース日が6月位の事を考えると、出た当初は注目されていたが、徐々に注目度が落ちている。

ところが最近になって注目度が増してきている。

それはやはりヴァロラントの世界大会があった事が大きく関係しているだろう。

ヴァロラントの世界大会

もともとRiotの会社はLOLのように大会とプロゲーマーを大切にしている。

破格の賞金、プロゲーマーをスターのように扱う会場など、選手の待遇などもばっちりだ。

このような舞台が用意されていると、プロを目指す人、プロのファンになって観戦したい人などなど、人口がどんどん増えていく。

人を惹きつける第一の道はだ。Riotはそこを上手く運営していっている。

また日本に限っては配信者の影響も大きいだろう。

今回の世界大会はシュラウドさんなど大手配信者にミラー配信が許可されている。

日本ではスタイリッシュヌーブさんがミラー配信をしていた。

リアクションが上手な人を起用することによって、普段配信を見ない人も見る、いいきっかけになっただろう。

普段大会の配信を見ない人は、参加するチームの事も知らずに応援するチームもないだろう。

しかし、今回は世界大会の為、日本を応援するという目的で気軽に見る事が出来る。

これは昔サッカーの日本代表が流行っていた時と同じ感じだ。

巷では「日本のFPSは弱い」と言われていますが、世界のレベルがどんなものか見るいいきっかけにもなる。

こんな感じで世界大会はヴァロラントの知名度を広めたんじゃないだろうか。

ヴァロラントの快適さ

次にヴァロラントの快適さについて考える。

ヴァロラントに興味を持ったプレイヤーが実際触れてみてどう感じるかである。

まずヴァロラントは基本プレイ無料だ

これは多くのプレイヤーに門戸を広げている。

また、プレイヤーの人口も多い。

僕はリリース当時はブロンズで現在プラチナだが、マッチングは2分以内には完了している。

日本サーバーもあって日本人同士でマッチングしやすい。

次にチートがいない。

普通のFPS(BFやAPEX)などはチートが萬栄してうんざりするのだが、ヴァロラントはない。

僕はリリースからやっているが1人も見た事がない。

これは異常な事で、運営の奮闘とチート対策の通報システムが機能している証拠だ。

次に民度がいい。

これは個人的な意見になる。

まずボイスチャットは体感2割くらいの試合である。

その中でいい人と悪い人はいい人の割合が圧倒的に多い。

「何やってんだよ」や「?」というチャットより「nt」などのチャットが多い。

勿論暴言などもある場合はあるが、少ないと個人的に感じる。

これが多いと感じる人は、マイナスな言葉が頭に残りやすいからだと考えている。

また暴言も通報できるので、不快に感じたら「report」とだけチャットに打って、チャットも音声も聞こえなくすればいい。

こんな感じでゲームの快適さは凄いと感じる。

というか運営がプレイしやすい環境を構築しようという積極的な姿勢が伝わってくる。

APEXやBFの会社はぜひ見習ってほしい。

ヴァロラントの人気を支えるプロ

個人的にヴァロラントが流行った一番の要因はプロによるものだと僕は考えている。

日本の人気のチーム、JUPITER、CRは熱い勝負を繰り返してきた。

当時CSGOからやってきたJUPITERは国内無敗と言われる位強かった。

人気も圧倒的でJUPITERだけでアクティブ1万人集める位すごかった。

そこにRASから紹介を受けたマンチキンがCRに加入して、CRがVCTにてJUPITERを倒した。

この1連のストーリーは見ていて熱いものがあり、世界大会に向けての熱がすごかった。

プレイも相当上手くて見る人をすごく魅了していた。

日本においてはプロより配信者の方が人気だけど、このプロの活躍や技術の高さは凄いし、ヴァロラントこそプロが輝くスポーツだと僕は思う。

まとめ

ヴァロラントが流行ったのは①世界大会②プレイの快適さ③プロの奮闘

これが要因だと考えている。このような背景があったからこそ、最近は配信者や一般人のプレイヤーが増えてきているのではないだろうか。

さらにRiotはプレイヤー人数の拡大に向かってモバイル版のリリースを発表している。

世界大会で視聴者を増やして、モバイル版でアクティブ人数の拡大を図るRiotの動きは計算されていて凄まじい。

まだプレイした事がない人はぜひやってみる事をお勧めする。

きっとこれからも人口が増え続けて楽しいゲームになっていくだろう。