何もできない日・やる気が出ない時を変える秘訣

ニートの日々
スポンサーリンク

僕がやる気がおきない事

皆さんはやる気が起きない事はありますか?

僕はしょっちゅうあります。

例えば今僕は①英語の勉強②プログラミングの勉強③ブログの更新④読書⑤筋トレをしています。

この中で最近調子が出ないのは①と②です。

筋トレは習慣となっていて、毎日30分位なので簡単に続けられます。

読書は暇なときに(いつも暇だけど)気分転換でしています。

ブログの更新はネタを選びながら、気軽にできます。最初は誰も読んでくれない事に苦しみました。

しかし、今は誰も読んでくれないのなら好きにやろうという気持ちでやってます。

お役たち情報を書こうと思ってた最初の気持ちは、今はないです(笑)

さて、本題はやる気が出ない①と②です。

この2つにはある共通点があります。それは・・・

他人と比較できる事、僕の将来がかかっている事だからです。

プレッシャーと不安

ニートである僕はこの2つをやっていると、色々な事を考えます。

ひとつ目は、僕がやっている以上に、仕事をしている人はそれ以上の成果を出している事です。

僕が英語の勉強をしている間、仕事をしている人は当たり前のように英語を使えている・・・

僕が最近読んでいるナニワ金融道の青木さんのセリフに、こんなのがありました。

今の世の中では、英語の日常会話が出来たくらいでは、就職に有利なんて事はない。日常会話ができるくらいの語学力ができたくらいでは、就職に有利なんて事はない。同時通訳は、外国の歴史や文化など、専門知識などとことん勉強しなくちゃ身につかない。それはちょっとした片手間勉強では身につくものでない。

ゼニの人間学より

その通りである。

これを知ったとたんに僕は萎えました。

英語もプログラミングも同じだ。僕が勉強している間にも、仕事をしている人はもっと先をいく

僕がしんどいとサボったら、他の人はぐんぐんと成長しているのである

こう考えるとやる気がでない

じゃあ、就職すればいいじゃないか?

そう思うかもしれない。しかし、無理である。なにより自信がない。

今はIT企業は就活難である。経験者でも採用されないのだ。

そんな中、勉強もやる気でない僕みたいなもんが受かる訳がない。

だから知識をつける為に勉強を頑張っているのだが、そのやる気が沸かない

じゃあ、他の事をやればいいじゃないか!

聡明な人ならそう思うかもしれない。しかし、今の僕に他にやる事はないのである

仕事も様々なものがあるのだろう。僕に向いている物があるかもしれない。

しかし、見つからない。

求人サイトを見ても、ブラックのオンパレードである。就職しても1週間も持たなそうだ。

僕は警戒心が強く、またプライドが高い人間だ。

だから僕が傷つく事はしたくない。だから、仕事もしたくないのである。

この考えは「嫌われる勇気」に書かれている事である。

結局やるしかないのである

僕がこの気持ちになった事は過去にもある。それは大学受験の時だ。

「こんな勉強をして、将来の役に立つのかな?」

こんな想像を良くして、勉強のやる気が出なかった事はよくある。

そしてあまり勉強しなかった結果、F欄大学に行く事になったのである。

そう、やる気が無くなり何もしなくなったら、何も得られないのである。

だから、

やるしかないならやるしかない

言うのは簡単だ。これが出来れば誰も困らない。戦争も起きなきゃ、差別もおこらない。転売ヤーもわかない。僕がこの記事を書かなくていいのである。

じゃあ、どうすればやる気が起きるのか?

その解決策は僕はもう考えてある。

それは・・・

今すぐにやるべき事を辞め、全力で遊ぶ!そして明日も全力でやりたい事をする!

これである。

簡単に言おう。やる気がないあなたは疲れているのである。

周りは「毎日8時間やりました!毎日やれない奴?ゴミだろ!」

そう言うかもしれない。

そんな事気にするな!

僕から見たら、働いたり、勉強できているあなたは凄いのである。

その時点で僕より上だ。

そんなあなたがやる気がでない。それだったら休め!それだけだ。

どうせ周りの人も見栄を張っているだけだ。そんな見栄を張っている奴らは出来なくなった時に、自分の言葉に苦しめられるだけだ。

そして、2日遊んだらあなたは覚醒するはずだ。

なぜなら2日も全力で遊んだら、遊ぶことも若干飽きるし、意欲も回復するからだ。

焦りもでるかもしれない。でも大丈夫。もっとやばいニートの僕がいる。

世の中凄い人間は多い。霞が関で働いている官僚のビルが夜でも暗いのは有名な話である。

そんな人は立派だ。皆で褒めよう!

皆に分かってもらいたいのは、1番恐いのは何も出来なくなる事である。

まさに今のニートの僕だ。

やる気がなくなって、自分を責める位だったら、休みを決めて全力で楽しめ!

そして、また頑張ればいい。

もし、あなたが休みの次の日にまたやる気が沸かなかったら、それは活をいれよう。

そして、ちょっとだけ頑張ろう

まとめ

今日12月4日は「鬼滅の刃23巻」の発売日なので、本当はその記事を僕は書きたかった。

話題にもなってるので、トレンドの記事を書くと観覧数が盛れるからだ。

しかし、僕のやる気が余りにも湧かなかった為、この記事を書いた。

本当はこのブログでは、ポジティブな記事ばっかで、マイナスの事を書くのは嫌だったがこんな記事を書いてしまった。

そして、僕は明日は遊ぶ予定である。ゲームをやりまくろう。(おいおい)

ニートの僕がこんなである。働いている皆さんや学生は大変かもしれないが、自分のペースで物事に取り組んで欲しい。

周りは怒るかもしれない。自分自身を責めるかもしれない。でも僕は言います。

「やる気がない時は休め」

そして、頑張る時は休んだ分を挽回するようないいパフォーマンスをしよう!