素人目に映ったロングスローと高校サッカー決勝

ニートの日々
スポンサーリンク

ロングスローは批判されるべきなのか?

まず最初に断っておくが、僕はサッカー経験者じゃない。小学校の時に放課後グラウンドでサッカーしていた位だ。

そしてニワカだ。今回の高校サッカーも決勝しか見ていない。

そんな僕でも知っているロングスローが批判されている事が・・・

見ていてつまらん!正々堂々戦え!

こんな感じの意見があるのだろう。

この意見に対しては賛同しかねない。戦っている選手の勝手だし、有効な戦術のひとつだと思う。

決勝戦の青森山田は半分以上の得点をしているという。

それだけ戦術のバリエーションと空中戦が強くて、いいチームにまとまっているという事だ。

確かにロングスローになるたびにゴール前にワラワラ人が集まって、こぼれ球を蹴る姿はカッコよくないように映るかもしれないが、それは高度な事で選手達は必死にやってるんだ。

僕達のような外野がどれこれ言う事じゃない。

高校サッカーのレベル

とここまでロングスローの事を書いたが、ロングスロー批判にはこのような物がある。

ロングスローが通用するレベルが低い。高校サッカーでそんなレベルの戦術をしないでほしい。

このような物があった。

これは自称サッカー詳しいマンに多く、海外のレベルに日本のレベルが追い付く為には、こんな事をするべきじゃないという意見だ。

高校サッカーの場をプロの道への過程と捉えた物であろう。

この意見が出るのは、高校サッカーの部活動が日本のチーム力を上げる原動力になっていると、マスコミが報道しているからこそ出る問題だと思う。

確かにロングスローという戦術はプロではあまりしていない。

理由は様々あるのだろう。本日の解説の内田篤人元選手は「ロングスローは練習しても飛距離を伸ばす事は難しい」と発言していた。

その理由もあると思う。

僕個人の意見としては、海外選手と戦う時、その体格差で簡単にはじき返されてしまうからだと思う。

よく日本代表の試合を見てて、コーナーキックを蹴ったとしても、ヨーロッパの選手には簡単に弾かれてしまっている。

だからショートコーナーを多用する姿が多い。

話は逸れたが、こんな事があるからロングスローを使用する事を批判する人がいる訳だ。

単純にロングスローの練習をするより、足元の練習をして欲しいという事であろう

でも今回の青森山田は足元の技術も上手く、止めて蹴る、ワンタッチからの縦パスなど高いレベルの技術も持っている事は間違えない。

批判の先にいる人

さて話しは逸れたが、今回の主役にいる人達は高校サッカー選手達だ。

彼らの中にはプロ志望でなく、普通の進学を選択する人も大半である。

もしくはサッカーを辞める部員もいるかもしれない。

その集大成である全国サッカーの舞台で戦術批判をするのは大間違えだ!

気軽なロングスロー批判の先にいるのはただの高校生だ。

これがプロサッカー選手だったら、批判されても仕方のない事かもしれない。

しかし、彼らはプロでない。一生懸命にサッカーをしているだけだ。

そんな彼らが傷つく事を安易に発言してはいけないと思う。

しかし、見ている側も人間だ。そういう事を言う気持ちもちょっと分かるが、それは心の内にしまうようにしよう。